2018カレンダー/アンドーギャラリー「葛西薫デザイン カレンダー」(罫線あり・なし)

2018カレンダー/アンドーギャラリー「葛西薫デザイン カレンダー」(罫線あり・なし)/アンドーギャラリー「葛西薫デザイン カレンダー」(罫線あり)が壁にかかったイメージ画像


罫線なしタイプ
 

罫線ありタイプ
 

葛西薫オリジナル「Kハンガー」
 



アートディレクター 葛西薫氏のエターナルデザイン
計算されつくしたシンプルな壁掛けカレンダー



清澄白河にある画廊、アートプロデュースを手掛けている「ANDO GALLERY」より、同画廊のロゴデザイン等を手掛けているアートディレクター葛西薫デザインのシンプルなカレンダーが今年も登場です。
「市販のものでは自分が使いたいカレンダーがない」という葛西氏の想いから作られたカレンダーは、用紙、文字のサイズや配置、罫線の太さなどが計算されつくしたシンプルの極み。
変わらぬデザインで毎年使い続けるファンも多く、お部屋だけでなくオフィスや事務所にも馴染みます。用途や好みに合わせて罫線あり、なしをお選びください。
壁掛け用のオリジナル「Kハンガー」もそれだけで造形が美しい付属品。紙を二つに折って中心にあいた穴にハンガーを通す仕組みになっているので、毎月剥がさずにページを入れ替えれば、1年分のカレンダーをそのまま保存することもできます。 毎日の暮らしに溶け込む、デザイン性と実用性を兼ね備えたカレンダーです。
※A3サイズ、日曜始まり

≫ 2018年 カレンダー・ダイアリー 一覧へ
ブランド ANDO GALLERY アンド―ギャラリー
デザイナー 葛西薫
サイズ 約W41cm×H30(ハンガー込み33)cm
素材/材料 紙、ステンレス
原産国 日本

【葛西薫 プロフィール】
1949年札幌生まれ。1973年(株)サン・アド入社。
サントリーウーロン茶中国シリーズ、ユナイテッドアローズ、虎屋の長期にわたる広告制作およびアートディレクション、サントリー、六本木商店街振興組合、ANDO GALLERYのCI計画のほか、パッケージデザイン、装丁など活動は多岐。 近作に、映画尾「海辺の生と死」(監督:越川道夫)、伊藤忠商事の広告がある。著書に「図六 葛西薫1968」(ADP)。東京ADCグランプリ、毎日デザイン賞、講談社出版文化賞ブックデザイン賞、亀倉雄策賞など受賞。


【バリエーション】   ※画像をクリックで拡大

罫線なし

罫線あり

2018カレンダー/アンドーギャラリー「葛西薫デザイン カレンダー」(罫線あり・なし)

価格:

1,296円 (税込)

[ポイント還元 12ポイント〜]
購入数:

バリエーション

在庫

購入

罫線なし

罫線あり

この商品について問い合わせる

関連商品

ページトップへ