KOTONOWA コトノワ/風呂敷 Heini Riitahuhta 50×50(3種)

KOTONOWA コトノワ/風呂敷 Heini Riitahuhta 50×50(3種)/風呂敷 50×50cm(3種)が並んだ画像


Amanda(アマンダ) gray
 

Rauha(ラウハ) aqua blue
 

Rauha(ラウハ) yellow
 

タグ付き
 

パッケージ
 

色々な物を包んで
 

コトノワ風呂敷シリーズ
 



日本の伝統と北欧の感性が融合した風呂敷



気持ちを、伝統を、言葉を「結ぶ、守る、伝える」をテーマに風呂敷文化を現代の生活に取り入れることを提案する「コトノワ風呂敷/KOTONOWA」のアイテムは、生地選びから染め、仕上げに至るまで京都の風呂敷づくりの専門家によって作られています。
日本の職人によって受け継がれてきた伝統と海外デザイナーによるデザインが融合し、日本人ならではの繊細な美意識が活きつつ新たな解釈が加わり、従来の風呂敷の機能に留まらずファッション性も持ち合わせています。日常に取り入れやすい日本のお土産としてとてもおすすめです。

フィンランドの陶器メーカーARABIA社のデザイナーとして知られるHeini Riitahuhta(ヘイニ・リータフフタ)デザインの風呂敷は、自然に対する眼差しと洗練された美しさが存在する上品なデザイン。彼女が描くドットやラインの絵柄は優しく暖かで、北欧の空気を感じさせます。
50cm四方(一尺三寸幅)は風呂敷としては小ぶりなサイズ。袱紗やギフトラッピングに、またお弁当を包んだり、小さな風呂敷バッグにもおすすめ。北欧食器との相性も良いので、ランチョンマットや食卓のアクセントに、使い方はさまざまです。
木綿100%の張りのある上質な生地は心地よい手触り。こだわりの手捺染めで一枚一枚、京都の熟練した職人が手作業で染め上げています。

≫「コトノワ風呂敷/KOTONOWA」アイテム一覧へ
ブランド コトノワ風呂敷/KOTONOWA
デザイナー Heini Riitahuhta
サイズ 50×50cm
素材/材料 木綿100%
原産国 日本

【 コトノワ風呂敷/KOTONOWA 】
1949年創業、京都の風呂敷専門メーカーによるブランド。ブランド名は「事の輪・言の環・古都の和」に由来します。気持ちを、伝統を、言葉を「結ぶ、守る、伝える」をテーマに風呂敷文化を今の生活に取り入れる提案をしています。日本の職人によって支えられてきた伝統の技術と、海外のデザイナーによるデザインを合わせ、包むだけでなく、敷いたり掛けたり、時には身に付けることも考えられた風呂敷です。

【 Heini Riitahuhta ヘイニ・リータフフタ 】
2002年に University of Art and Design のセラミック・ガラス科を卒業。同年、日本の美濃において名誉賞授賞。
彼女の表現方法は装飾的で、その独創性は描き出す作品からも窺うことができます。フィンランドで最も著名な窯元「ARABIA アラビア」のテーブルウェアとなったヘイニのデザインするRUNOシリーズのように、これまで同じモチーフが様々なプロダクトに反映されています。デザイナーとして、またセラミックアーティストとして活躍しており、2010年には彼女が絵付けしたアート作品の巡回展が日本全国で行われました。


【バリエーション】   ※画像をクリックで拡大

Amanda グレー

Rauha アクアブルー

Rauha イエロー

KOTONOWA コトノワ/風呂敷 Heini Riitahuhta 50×50(3種)

価格:

756円 (税込)

[ポイント還元 7ポイント〜]
購入数:

バリエーション

在庫

購入

Amanda グレー

Rauha アクアブルー

Rauha イエロー

この商品について問い合わせる

ページトップへ