HOME > spiral market selection > vol.391 イイダ傘店

spiral market selection vol.391 イイダ傘店


spiral market selection vol.391 イイダ傘店


2018年6月に「spiral market selection vol.391 イイダ傘店 梅雨の傘展」にて個展を開催したイイダ傘店。
日傘・雨傘を生地から制作し、一本ずつ手作りするイイダ傘店主宰の傘作家 飯田純久は、店舗を持たず全国を巡回し受注展示会を行う珍しい傘屋として、東京・吉祥寺のアトリエで制作活動を続けています。

「使い捨てではなく長く使える傘を」という想いから生まれる、全国各地の職人と組んだオリジナル傘には定評があり、そのテキスタイルデザインは、目にした誰をもあたたかい気持ちにしてくれます。

今回は、そのテキスタイルデザインから発展して生まれた日常を彩る小物の中から、傘の三角コマの生地を利用したユニークなバッグと、手描きのあたたかなタッチをそのままに表現したミニタオルをご紹介します。

【販売期間】2018年9月20日
※なくなり次第終了となります。
※バッグは少数入荷のため、お一人様2点までとさせていただきます。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜2件 (全2件)

1件〜2件 (全2件)

ページトップへ