平厚志 たいらあつし/碗・ボウル(3種)

平厚志 たいらあつし/碗・ボウル(3種)/碗(3種)その他作品が並んだ画像


浮き上がる柄が美しい碗
 

深さのあるボウルです
 

すべすべした手触りです
 

底面に高台がついています
 

重ねて収納可能
 

手のひらにちょうど収まるサイズ
 

あたたかみのある陶器作品
 



2018年5月17日までの期間限定販売
儚げに模様が浮かび上がる平厚志の陶器



スパイラルマーケットで2018年2月に開催された「spiral market selection vol.382 point and line」にて、「日常におちている点と点をひろいあつめ、線にする」をテーマに、磁器作家の赤堀友美と陶器作家の平厚志の個展を開催しました。二人ののフィルターを通してできた点と線を、やきものに落とし込み表現。遊び心のある作品が並んだ展示より、オンラインストアにて一部作品をご紹介いたします。

平厚志の陶器作品は、沖縄の「壺屋焼(つぼややき)」という焼物の延長で独自に開拓した「浮花」という技法で作りだされています。赤土に白い泥をかける壺屋焼の手法に加え、白い泥の下にモチーフを描き、仕上げに釉薬をくぐらせ絵柄を儚げに浮かび上がらせます。
あたたかなアイボリーホワイトの仕上がりと浮かび上がるグレーの植物模様、すべすべとした手触り、ハーフマットな質感の釉薬がより一層、うつわを際立たせます。碗は大盛りのご飯や汁物にぴったり。また深さもあるのでたっぷりのカフェオレボウルにも。重ねて収納することも可能です。ぜひ同シリーズの食器と組み合わせてお使いください。

≫「spiral market selection vol.382 平厚志・赤堀友美」作品一覧へ
≫【sms Interview】vol.001 平厚志・赤堀友美 インタビューページへ
ブランド -
作家 平厚志 たいらあつし
サイズ 約Φ11×H8cm
素材/材料 陶器
原産国 日本

2018年5月17日までの期間限定の販売となりますのでご注意ください。
・手作りのため、かたちや柄の出かたに個体差があります。作品の風合いとしてお楽しみください。

【平 厚志 たいらあつし】
1973年 千葉県市川市生まれ
1996年 沖縄県立芸大陶芸コース卒
1997年 原清先生に師事
千葉で生まれ、沖縄で学び、埼玉で修行しました。今は、富士山を眺めながら静岡で作陶しています。

【spiral market selection】
生活に携わる分野のものづくりをしている、作家・クリエイターの作品を日々の生活を提案するライフスタイルショップでご紹介することで、作品をもっと身近に毎日の生活に取り入れていただきたい、というスタッフの想いから1995年にスタートした、Spiral Marketの企画展。


【バリエーション】   ※画像をクリックで拡大

A

B

C

平厚志 たいらあつし/碗・ボウル(3種)

販売期間:
2018年03月16日12時00分〜
2018年05月17日23時59分
価格:

5,400円 (税込)

[ポイント還元 54ポイント〜]
購入数:

バリエーション

在庫

購入

A

×

在庫なし

B

×

在庫なし

C

この商品について問い合わせる

ページトップへ