HIROSHI NAGAI Exhibition 2017
Penguin's Vacation Restaurant オフィシャルグッズ

HIROSHI NAGAI Penguin's Vacation Restaurant ロゴ画像
HIROSHI NAGAI 2017 Penguin's Vacation Restaurant イメージ画像

抜けるような青空、風にたわむパームツリー、強い日差しがキラキラと光るプールには無人のチェア…
同名の絵本を基にした、大滝詠一氏の「A LONG VACATION」ほか、サザンオールスターズ、サニーデイ・サービスらのレコード・ジャケットや広告などで、その絵を目にしたことのある方も多いはず。
永井博氏は、1970年代に旅したアメリカの風景にインスピレーションを得た、クリアで唯一無二な世界観のイラストレーションを世に送り出すアーティストです。

スパイラルでは、地下1FのRestaurant Bar CAYで2016年・2017年の2回にわたり、永井氏の原画展「Penguin’s Vacation Restaurant」を開催。永井氏のアートワークとともに青春時代を過ごしたファンのほか、若い世代の方々も多く足を運び、盛況の内に会期を終えました。
会期終了後も多くの好評を頂き、今回展示に際して販売したグッズをスパイラルオンラインストアでも期間限定で販売いたします。
身近に楽しめる雑貨から、精密に再現された本格的なアート・レプリカまで、永井氏のバケイションの世界をお楽しみください。

 HIROSHI NAGAI Penguin's Vacation Restaurant イメージ画像

近年、これまで以上に永井氏のイラストレーションのアート性や普遍性が、より広く、時代性や国内外を問わず認知されるようになりました。
SNSをはじめとしたWebで、言葉を介さずに絵が伝わるようになったことで、文化的背景が違ってもひと目ででわかる、永井氏のイラストが持つアートとしての価値に注目が集まっています。


一見すると、とても明るくポップ、時にはかわいらしささえ伝わってくるような永井氏のイラストレーションですが、その特徴は、出来上がったイラストだけでなく“描くプロセス”そのものにも秘訣がありました。

あの絶妙な青空や夕景の空のグラデーションも、もちろん永井氏の感覚と手作業で制作されています。
更に、黒い絵の具でヤシや草花のシルエットを塗ってから、光の当たり方をイメージしつつ徐々に暗い緑から明るい緑を載せていくことで、浮き上がるようにランドスケープを描いていきます。

 
HIROSHI NAGAI Penguin's Vacation Restaurant イメージ画像

 HIROSHI NAGAI Penguin's Vacation Restaurant イメージ画像

これは、永井氏がテレビの背景美術を制作するアルバイトの経験から会得した早描きの方法であったそう。 また、プールの波のゆらぎや反射する陽光などは、描き込みすぎずシンプルな描写によってつくられています。

原画展でも、近くで見ることでその筆のタッチの繊細さに驚く人多数!その緻密さと潔さのバランスが、永井氏の絵にある独特の静謐さにつながっているのです。

 HIROSHI NAGAI Penguin's Vacation Restaurant イメージ画像

2017年の展示でメインビジュアルになった2点のイラストは、花やジャングルの書き込みが細かく入りながらも、騒々しくならず上品なリゾートの情景を切り取っています。

永井氏の描く景色が永遠のようにきらめいて見えるのは、観る人が陽射しの強さや強い南風の行く先を、自らが持つ“憧れの風景のイメージ”と思い思いに結びつけて、彼の絵の余白を頭の中で補完しているから。
遠くで見るとキャッチーで、近づいて見るとしんとした深みを感じる…アートならではの楽しさを普遍的なイラストレーションという形で表現できているからこそ、永井氏のイラストは年齢や性別・文化を問わず愛されているのです。

Penguin's Vacation Restaurant オフィシャルグッズ
販売期間:2017年8月31日まで
永井氏の世界観をファッションやライフスタイルの中に落とし込んだグッズが、スパイラルオンラインストアに登場。
日常をごきげんに彩るアートピースとして、持ち歩いても鑑賞しても飽きのこない、夏にぴったりのアイテムをラインナップしています。
永井博 Hiroshi Nagai 本人画像

永井博 Hiroshi Nagai
イラストレーター、グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーを経て、1976年からイラストレーターとして活躍。大瀧詠一の「A LONG VACATION」、「NIAGARA SONG BOOK」等のレコードジャケットに代表されるトロピカルでクリアな風景イラストレーションを得意とする。 出版物として、CBSソニー出版「A LONG VACATION」(1979年)、「HALATION」(1981年)、小学館「NIAGARA SONGBOOK」(1982年)、ぶんか社「time goes by…」(2008年)を刊行。

また、大瀧詠一のアルバムジャケット「A LONG VACATION」では、CBSソニーより、「アルバムジャケット特別賞」として、ゴールドディスクを受賞している。
大瀧詠一のレコードジャケットによって、そのイラストの作風は独自の地位を築き、その他、サザン・オールスターズ、松岡直也、石黒ケイ、藤原ヒロシと川辺ヒロシ、憂歌団、杉山清貴など、多くのアーティストのレコード / CDジャケットを飾る。

近年ではAORのコンピレーション『breeze』シリーズ、ikkubaru『Amusement Park』、『brighter』、TEEN RUNNINGS『NOW』、サニーデイ・サービス『DANCE TO YOU』のジャケットのアートワークを担当。そして2016年単独のエキシビション「Penguin's Vacation Restaurant」を東京 CAY / 大阪 digmeout ART & DINERにて開催。
その他の主な展覧会に「HIROSHI NAGAI EXHIBITION 永井博アート展」(東急百貨店本店、2014年)がある。