カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

秋谷茂郎 あきやしげお/リンゴ釉 面取ふたもの

SOLDOUT
3,780円(税込)
バリエーション:
_
×
数量:

【2018年3月までの期間限定】秋谷茂郎のやさしく伸びやかな陶器が作る「温かい食卓」

2018年11月にスパイラルマーケットで約4年ぶりの個展「spiral market selection vol.401『温かい食卓へ』」を開催した作家 秋谷茂郎。陶磁器の優しい表情と伸びやかなフォルムが見た目も肌触りもあたたかく、冷え込む季節にぴったり。鍋や耐熱プレート等をみなさんの「温かい食卓」にご紹介します。

りんごの木を原料にした木炭が使用された「リンゴ釉面取ふたもの」。側面に入った面取り、白と少し緑がかった釉薬の味わい深さを感じることができる一品です。
同時販売「リンゴ釉肩張ポット」とセットで茶葉や角砂糖を入れたり、また小物入れとして部屋に飾っても素敵です。
やすらぎの存在として冬の食卓にあたたかく寄り添う一品は、作家の手づくりの温度を感じながらお使いください。

ブランド
作家 秋谷茂郎
サイズ 約Φ80×H60mm
素材/材料 陶器
原産国 日本

※2019年3月までの期間限定販売です。

※釉薬の特性上、底面に向かって釉薬溜まりとその部分に貫入が入ります。これらは作品の風合い・個性となり、品質には問題ございません。ご理解の上ご購入ください。

【 秋谷茂郎 プロフィール 】
1970年 埼玉県に生まれる
1991年 高崎芸術短期大学専攻科陶芸修了、 中山穣氏に師事
1997年 埼玉県三郷市にて独立。以降、これまでに個展、グループ展多数参加。

焼き物をつくる事は草花を育てる事によく似ている。水をやり、肥料をほどこし、剪定する。根気強く、毎日、手間を惜しまずに。そして美しい花が咲く。素材の変化に合わせて手を加える。工芸はまるで命ある何かを育てるかの様。焼きあがったときのフォルムが自然でのびやかであるように。ロクロの上の土と対話を繰り返す。うつわとしての命の美しさを大切に。

【spiral market selection】
生活に携わる分野のものづくりをしている、作家・クリエイターの作品を日々の生活を提案するライフスタイルショップでご紹介することで、作品をもっと身近に毎日の生活に取り入れていただきたい、というスタッフの想いから1995年にスタートした、Spiral Marketの企画展。

SOLDOUT
3,780円(税込)
バリエーション:
_
×
数量:

CATEGORYカテゴリ

SALEセール
FOLLOW US
  • Facebook
  • Twitter
  • メルマガ登録
  • 店舗紹介
  • 作家の特集
  • 新着記事

チェックしたアイテム

  • 最近チェックした商品はありません。